1. 全商品
  2. 国から選ぶ
  3. ジョージア
  4. ゴッツァ チヌリ/Gotsa Chinuri【ジョージア白ワイン・オレンジ】

ゴッツァ チヌリ/Gotsa Chinuri【ジョージア白ワイン・オレンジ】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

2,600円 +税 ~

数量

商品について


ジョージア初のビオディナミ認証
プレスなしピュアな果汁をワインへ


高標高の畑でビオディナミで育てた
チヌリを除梗・破砕、プレスせず醸し、
フリーランジュースのみを使用。
クヴェヴリで発酵、16 ヶ月熟成しました。

ややオレンジを帯びたイエローの
外観から、カイエンペッパーや
桃の香り、たっぷりのミネラル感に
塩味もしっかりとあり、余韻まで
桃のニュアンスが鼻から通ります。

■産地:ジョージア 地方
■品種:チヌリ
■タイプ:辛口

チヌリ

ジョージア州中央部のカルトリに由来。
カヘティでも栽培されています。
「優れた」または「最高の」を意味する
ジョージア語の「チネブリ“chinebuli”」から。
自然に高い酸性度を持つ品種です。

世界遺産にも認定された
ジョージア伝統のワイン造り


2013年、ユネスコの無形文化遺産登録。

「クヴェヴリ」と呼ばれる卵型の粘土製の甕を使用した、
何千年と受け継がれてきたジョージアの
伝統的な醸造方法を用いて造られたオレンジワインです。


【ロゼとオレンジの違い】


ロゼワインは【黒葡萄】から造られます。

たいしてオレンジワインは【白葡萄】。

白ワインを造る工程に果皮や房を醸す期間を設け、
果皮由来のタンニンや香り、果実の厚みを
ワインに抽出することで造られます。

この工程は、赤ワインを造る工程に非常に似ています。

オレンジワインに関して厳密な規定はまだありませんが、

『白葡萄を使い、赤ワインと同じような工程で造ったワイン』

と言えます。

そしてその味わいは、品種やエリア、
醸す期間も様々であり、多様です。


ゴッツァ/Gotsa


ジョージア南東部カルトリ地方、Kiketi村、
海抜1300m、樫の森に囲まれた山中にある
Gotsadze(通称ゴッツァ)ファミリーが営む
ワイナリーです。

20世紀初め、家族は首都トビリシに移り住み、
伝統的なワイン造りを続けていました。
現在は、グルジアの王たちも好んだワインを
数多く生んだと言われる歴史ある地区で、
祖父の時代から避暑を目的として利用してきた
海抜1300mのサマーハウスを醸造所兼住居、
海抜約550mに5haのブドウ畑を構えています。

現在の当主Beka(ベカ)は1965年生まれ。
ジョージア工科大学を卒業した後、
建築家として働いていた経歴の待ち主。

「家族の長はワイン造りに関わり、
女性は豊かで多様な料理を得意とし
予期せぬゲストにも振る舞える
十分な食べ物とワインをいつも貯えている。」

そんな伝統的なジョージアンファミリーに
育ったので、自分もワイン造りに参与する事は
自然な流れであったといいます。

2002年よりワインを造っていましたが、
販売した初ヴィンテージは2010年。

無農薬栽培を行ってきましたが
ビオディナミ農法も取り入れ
2017年VTからビオディナミ認証を得る事ができ、
ジョージアで初のヨーロッパの
ビオディナミ認証を持つワイナリーとなります。

プレス機は持たずプレスをしないので
雑味のないピュアな果汁が使用でき、
醸造所の地下に埋められたクヴェヴリの
蓋をあけたまま発酵し、チューブで
ワインだけ抽出し他のクヴェヴリや
樽に移し替えます。

「我々はワインメーカーではない」と
語尾を強めるベカは
「自然を敬い、生態系を美しい状態で守り、
プレスもせず、温度管理はするものの
伝統的なクヴェヴリで醸造、できるだけ
手を加えず自然な流れでブドウジュースが
ワインへと変わるお手伝いをするだけだ」
と言い、「脈々と続くGotsadze家から
降り注ぐオーガニックで純粋なワインを
これからも提供していきたい」と語ります。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめワイン

▲トップへ戻る