1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. オレンジ
  4. ハインリッヒ グラウエ・フライハイト 2018/Heinrich Graue Freyheit【オーストリア白ワイン・オレンジ】

ハインリッヒ グラウエ・フライハイト 2018/Heinrich Graue Freyheit【オーストリア白ワイン・オレンジ】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

7,700円  ~


数量

商品について


赤ワインの名手が造る
希少なオレンジワイン


ライタベルクのぶどうを使用。
ピノグリはシスト土壌、
ピノブランとシャルドネは
真っ白な石灰岩土壌の畑からです。

アンフォラとオークの大樽で発酵後、17ヶ月熟成。
無濾過・無清澄、SO2はゼロ。

2017年ヴィンテージは、
世界で最も権威のあるワイン誌
「Decanter」のオレンジワイン特集にて、
世界中のオレンジワインを退け、1位に!

2018年ヴィンテージも僅か360本のみの日本入荷です!
 


このワインを最高に楽しむには、
注ぐ前に上下を返し澱を均一化するのがおススメです


■産地:オーストリア、ブルゲンラント州
■品種:ピノブラン50%、ピノグリ30%、シャルドネ20%
■タイプ:白(オレンジワイン)・辛口


ハインリッヒ Heinrich


ハンガリー国境近くの湖、ノイジードラーゼーの周囲は
発生する霧の影響もあり、貴腐ワインの産地として知られています。

1930年創業、1haの畑からワイン造りを始めたハインリッヒ。
現当主ゲルノット氏は、1988年(当時23歳)に
独立する形で現在のワイナリーを引き継ぎます。

気候条件や土壌から赤ワインに可能性を感じて、
周りの生産者が白ワインや貴腐ワインばかりに注力する中、
ブラウフレンキッシュやツヴァイゲルトを植え、
独自の路線を突き進みました。

当初は樽で熟成させたフルボディタイプの
赤ワインが世界市場でも伸びていたこともあり、
彼の赤ワインは大ブレイク。

醸造所周囲の畑と、ノイジードラーゼーの西側に
広がる丘陵地帯であるライタベルクの畑を買い足し続け、
ついに1haのスタートから100haにまで拡大しました。


大成功を収めた彼は2008年に地下何層にもなる
醸造設備を増築し、「オーストリア一美しい」と
言われる醸造所が誕生しました。
セラーは重力システムで管理されており、
ブドウやワインにダメージを与えずに
醸造が行なえるようになっています。

一時カベルネ・ソーヴィニヨンなどの
国際品種を多く生産していましたが、
ブラウフレンキッシュやツヴァイゲルトなど
土着品種へ原点回帰とともに、
とても柔らかく上品なワイン造りになっています。


RESPECT認定 ビオディナミ農法


原点回帰とともにすすめたのがビオディナミ農法。
2006年から移行し始め、15人の仲間たちと、
有機認証機関RESPECTも設立しています。

土地の味わいを色濃く反映させるために
エレガント路線に転向した彼らにとって、
ビオディナミでの栽培は、その想いを
最大限に表現する必要不可欠なアプローチです。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他、おすすめワイン

▲トップへ戻る