1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. シュテファン・マイヤー シュペートブルグンダー / Stefan Meyer Spatburgunder trocken【ドイツ赤ワイン】

シュテファン・マイヤー シュペートブルグンダー / Stefan Meyer Spatburgunder trocken【ドイツ赤ワイン】

※ワインは、画像とヴィンテージや容量が異なる場合があります。

2,300円  ~


数量

商品について


ピノノワール生産者No.1を獲得
新進気鋭ワイナリー 日本新入荷!


フォルスタッフ誌も絶賛!
「2018 Pinot winery of the year」を獲得した
ドイツの新進気鋭生産者「シュテファン・マイヤー」

今回ご紹介するのは、ロト村の周辺の畑で
栽培されているブドウを使用した
「ESTATE WINE」シリーズ。

ロト地区にあるローム層と赤土粘土層の畑から
伝統的な製法で醸しを行い、自然発酵。
その後、オーク樽で12ヶ月熟成。

サワーチェリーやブラックベリーなどの
熟した果実の香りにスパイス香が混じる。
心地よく穏やかな酸が引き締めてくれます。
パスタやリゾット、イタリア料理などに。                                                        残糖度0.8g/Lのすっきりとした辛口です。

■産地:ドイツ・ファルツ地方
■品種:シュペートブルグンダー=ピノノワール
■タイプ:赤・ミディアム


シュテファン・マイヤー/Stefan Meyer


マイヤー家は1700年代にはロトの地で
ブドウ栽培を行っていました。
1954年にシュテファンの祖父である
カール・ヘルマンがワイナリーを設立し、
2011年にシュテファンが後を継いでいます。

シュテファンはニューワールドや
オーストリアでワイン造りを学び、
伝統を尊重しつつ必要な改革を行い、
栽培から醸造までを行っています。


シュテファンの哲学は、
ブドウ栽培においても、ワインの醸造においても、
本当に必要な事以外は手を加えないという事。

収穫や選果は手作業で行い、畑では
化学肥料を使用せず、畝と畝の間は
草で覆っています。

手掛けるワインがミクロクリマと土壌を
忠実に表していることは重要であると考え、
その為に畑でも長い時間をかけて
ブドウ栽培を行っています。

特にリースリングとピノノワールの栽培には
細心の注意を払っています。
畑は16あり、森から平ら土地まで2キロに
渡って広がっています。
その為、ブドウが植えられている場所によって
かなり土壌や気候が異なり、とても複雑で
個性的なワインが造られています。

シュテファンは2019年から本格的に
オーガニック栽培を始め、2021年醸造より
認証付きワインがリリース予定です。


ワイナリーでは4つのカテゴリーの
ワインを造っていて、軽く気軽に飲める
「1LITER」、ロト村の周辺の畑で栽培
されているブドウを使用した「ESTATE WINE」、
ロトの村の畑のブドウを使用する「AUS ROHDT」、
そして単一畑の「SINGLE VINYARD」。

また近年では、シラーやカベルネ・ソーヴィニヨン、
カベルネ・フランといった品種も少量ながら
栽培しており、新しい試みにも挑戦しています。

ジャーナリズムからの評価も高く、
様々なワインが高いパーカーポイントを獲得。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめワイン

▲トップへ戻る