1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. フレッド・ロイマー グンポルツキルヒェン ピノノワール/Fred Loimer Gumpoldskirchen Pinot Noir【オーストリア赤ワイン】

フレッド・ロイマー グンポルツキルヒェン ピノノワール/Fred Loimer Gumpoldskirchen Pinot Noir【オーストリア赤ワイン】

※ワインは、画像とヴィンテージや容量が異なる場合があります。

3,300円  ~


数量

商品について


オーストリアのコート・ドールから生まれる
リッチなアロマのエレガントピノノワール


グンポルツキルヒェンとバート・フェスラウ地区が
合併する形で1985年のワイン法の一部として誕生した
ワイン産地「テルメンレギオン」。
オーストリアのコート・ドールと呼ばれるエリアです。
ウィーンからバーデンを通過し、南へと向かう
電車路線名にちなみ、‘ズュートバーン’としても知られます。
古くからワイン造りが行われていて、グンポルツキルヒェン
周辺の畑はブルゴーニュの風景を思い起こさせてくれます。

事実、土壌の組成を見てみると石灰土壌が多く、
このことからもブルゴーニュと非常によく似ていることがわかります。
まさにシャルドネやピノノワールにとって最適な
テロワールであり、この地域を見直す動きも出ています。

ワインは、淡いチェリーレッドの色合い。
アマレーナチェリーや石墨の香りに、ラベンダーのブーケ。
非常に豊かな香りと味わい。エレガントな甘さがあり、
しっかりとしたボディで、タイトな酸味とタンニンが感じられます。
ブラッドオレンジのフィニッシュで、柑橘系の後味が長く続きます。
チーズや野菜のコールドカットプレート、ベーコンなどに良く合います。

■産地:オーストリア、ニーダーエスタライヒ州 グンポルツキルヒェン
■品種:ピノノワール100%
■タイプ:赤・ミディアムフル



フレッド・ロイマーは、オーストリアの代表的な白ワイン生産者の一人として知られ、
毎年のようにオーストリアのベンチマークとなる、グリューナー・フェルトリーナーと
リースリングをつくりだすことで注目を集めています。



フレッド・ロイマー醸造所があるオーストリーのカンプタールは、
オーストリアのニーダーエスタライヒ州にあり、ウィーンから車で北西に
1時間走ったところにあります。

パノニアからの熱風の影響で、夏は35度以上になりますが、
カンプ川に沿って北から冷気も来るので、同時にとても寒くなる、
寒暖差の大きなエリアです。

全体的に風通しがよく、病害やボトリティスの影響が小さく、
そのため、ワインはフレッシュでクリアな風味になりやすいのが特徴です。



Fred Loimer〜強さの中に温かさを秘める人〜


●歴史●

フレッド・ロイマーはワイン生産者の家族の下に生まれました。
彼の父が1962年に祖父からファミリーの農場を引き継ぎ、その頃はまだ、
鶏や牛、野菜などを作る傍ら、ワイン造りをしていました。

しかし、徐々にワイン生産だけに集中していくようになります。

ロイマーは、学校を卒業してから、ドイツやカリフォルニアのブドウ園で修業し、
1987年に父親のワイナリーで働きはじめます。

最初の10年間はまず、セラーワークを身につけることから始めました。
その後、ブドウ畑の管理をし、最終的に自分のアイディアを
ワイン造りに反映しはじめます。

1997年、ロイマーがようやくワイナリーを引き継ぎ、今までのファミリーの
ワイン生産のフィロソフィーを変化させます。

それまでは、凝縮感があり、アルコール度が高めのワインが主流でしたが、
1998年ボトリティスが大量に発生したことをきっかけに、ロイマーは、
状態のよい果実のみを選果し、収穫を早める昔ながらのワイン造り、
それは、アルコールが低く、フレッシュさがあり、フルーティーでミネラルがある
ワイン造りに切り替えたのです。

このスタイルのワインを造るためには、クリーンな果実が必要になります。
ロイマーと彼の父が37エーカーから始めた畑は、
いまでは148エーカーまで増えています。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他、おすすめワイン

▲トップへ戻る