1. 全商品
  2. 国から選ぶ
  3. レバノン
  4. ドメーヌ デ トゥレール ブラン /Domaine des Tourelles【レバノン白ワイン】

ドメーヌ デ トゥレール ブラン /Domaine des Tourelles【レバノン白ワイン】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

ドメーヌ デ トゥレール ブラン /Domaine des Tourelles【レバノンワイン】

2,400円 税別

2,592円 税込

数量

商品について

知る人ぞ知る「レバノン」ワイン


皆様、レバノンという国のイメージを
浮かべてみてください。

危険。と思った皆様。

『もともとフランスの領土だった為、
フランスの品種を造っていて、
日照量の多さやその土壌から高品質な
ワインを生み出している』

『レバノン=ラバン(白)という意味。
雪が降り、春には溶けて地下水になり、
葡萄が水をもとめて根を伸ばす。
中近東で砂漠が無い』

『料理はレモンがきいて野菜たっぷり。
圧倒的完成度の超絶美味』

なんて、ご存知でしたか?


レバノンテロワールを表現したワイン


畑のあるベカー高原9月の平均温度は
昼29度、夜13度。
南仏は、昼26度、夜16度ほど。

南仏よりも寒暖差が大きく、
ゆえに完熟した糖度の強さと酸があります。

さらにフランスの領土だったこともあり、
フランスの品種を手掛け、また土壌も
フランス同様ジュラ紀後期と白亜紀の石灰岩。

まるでフランスのような地域ですが、
しっかりとレバノンテロワールを表現しています。

ワインは、パイナップル、アプリコット、
洋ナシの香りのブーケが立上り、
エキゾチックなハチミツとフルーツの
テイストへとつながります。
口当たりをしっかりと感じ濃縮された味わいです。

■産地:レバノン、ベカー高原
■品種: ヴィオニエ、シャルドネ、マスカット・オブ・アレキサンドリア
■タイプ:白・辛口


ドメーヌ デ トゥレール


1868年に創業。
ドメーヌ デ トゥレールはレバノンで最初の
商業ワイン・アラック・その他のスピリッツの生産者です。

その歴史はオスマン王朝にベイルートと
ダマスカスの建設の為に仕えていたフランス人冒険家
フランソワ-ユジェーヌ ブランが、ベカー高原に
位置するシャトゥーラに辿り着いたところから始まりました。

彼の祖国を彷彿とさせるその土地に魅せられ、
その場に残りワインを造ることを決意したのです。

2003年にブラン家の最後の一人が亡くなり、
その土地はブラン家と親しかったイッサ家と
イッサ エルクーリによって購入され、
ドメーヌ デ トゥレールとして引き継がれました。

ワインメーカーであるファウージ イッサは
ベイルートのアメリカン大学で農工学を学び、
その後フランスのモンペリエ大学にて
“ワイン醸造家の学位”を得て、コート ロティの
ルネ ロスタン氏のもとで学びました。

2007年には、あの伝説的な
シャトーマルゴーでも学んだ実力派です。

現在は自身の家族のワイナリーへ戻り、
新しい息を吹きこんでいます。

彼のワインは 

“レバノンで最も魅力的なワイナリーだ ”

と称されることもたびたびです。

近年では、レバノンにおけるワイン生産の
ルーツと言われるとともに再生を起こしたとも言われます。

レバノンワインを知るには必須の条件といっても
過言でないほど大変重要なワイナリーとなりました。


西ベカー高原のテロワール


レバノンは1年で300日もの晴天に恵まれ、
それはブドウが十分に熟し濃厚な味になるには
大変適しています。

約110日の雨の降る雨季は冬に集中。
その高い標高、特にベカー高原では、夏の間は
大変乾燥しているにもかかわらず、灌漑を必要としません。

それは、雪解け水が下層土へと染み込み、
ブドウの木の根をより伸ばし、そこから吸収しているため。

結果、十分なミネラルが土地に行き渡り
それが良いワインを造るテロワールを作ります。

ブドウの成長サイクルにおいて、天候はほぼ晴天。
その地形的な特徴は、持続的に吹くそよ風を発生させ、
ワイン造りを困難にさせる菌や
その他の病気を引き起こす湿気を減らし、有機栽培を促します。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめワイン

▲トップへ戻る