1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. その他
  4. エンリケシュ・エンリケシュ マデイラ マデイラ ミディアムリッチ メイオ・ドセ /Henriques e Henriques Mediam Rich【ポルトガル・マデイラ】

エンリケシュ・エンリケシュ マデイラ マデイラ ミディアムリッチ メイオ・ドセ /Henriques e Henriques Mediam Rich【ポルトガル・マデイラ】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

エンリケシュ・エンリケシュ マデイラ マデイラ ミディアムリッチ メイオ・ドセ /Henriques e Henriques Mediam Rich【ポルトガル・マディラ】

2,600円 税別

2,808円 税込

数量

商品について


優しい甘みが魅力
コストパフォーマンスに優れたマデイラ


オーク樽で3年の熟成。
落ち着いた琥珀色で、ウッド、スパイス、キャラメルなどの
複雑で非常に豊かな香りが特徴的です。
口に含むと初めにドライフルーツを感じ、リッチでフルボディながらも
マデイラ初心者にも飲みやすい優しい甘みが魅力です。
ブルーチーズやアイスクリームなどのデザートと合わせてどうぞ。

■産地:ポルトガル マデイラ島
■品種: ティンタ・ネグラ(黒ブドウ)
■タイプ:マデイラ・中甘口
■容量:750ml


マデイラ島で自社畑を持つ唯一の造り手
エンリケシュ&エンリケシュ社


1850年、ジョアン・エンリケシュがワイン醸造所を創業。
彼の死後1913年に、息子2人に引き継がれ「エンリケシュ&エンリケシュ社」が設立されました。

マデイラ島にブドウが植えられてからというもの、ブドウ栽培農家と醸造所は分業でしたが、同社は1925年までに自社農場を創設し、ネゴシアンの枠を超えて自社畑のブドウを用いてワイン造りをするなど、島のワイン造りの歴史に大きな変革を起こしました。
その後、同社は友人たちに引き継がれましたが、1992年、拡張のため500万ユーロを投資し、島南部の風光明媚な漁村カマラ・デ・ロボスに新しい醸造センターや実験室などを併設した自社オフィスを設立。

1995年には新たにブドウ畑を10ha増やしましたが、同社はマデイラ島で自社畑を持つ唯一の造り手です。最新の技術を駆使し、最高級のワイン造りに挑み続ける同社ですが、同時に160年以上に渡る伝統を維持することも大切にしています。

自社畑は島の中ほどキンタ・グランデの地にあります。
気候は亜熱帯性気候で、年間平均気温が20℃前後と一年を通して温暖。雨は少なく季節による気温差は小さいですが、夏は湿気が高くなります。
土壌は主に玄武岩を含んだ火山性土壌で、いずれの畑も急勾配な場所に立地。自社では3品種、セルシアル、ヴェルデーリョ、テランテスを栽培しています。


マデイラ・ワインの起源・醸造


≪起源≫
シェリーやポートワインと並ぶ、世界三大酒精強化ワインであるマデイラ・ワインですが、その起源は大航海時代にさかのぼります。
赤道を越える長いルートで航海を終えたマデイラ産のスティルワインが、酸化により特有のフレーヴァーを有するようになったのが由来といわれています。
その後18世紀になり、ジブラルタル海峡の覇権を巡る紛争によって貿易航路を失ったことから、マデイラ島の人々は島からワインを輸出できず、島での貯蔵を余儀なくされました。
その際マデイラの人々はまず、貯蔵していたワインの一部を蒸留し、残りのワインに加える酒精強化をすることにより、長期保存を可能にしました。そしてさらに、樽での貯蔵中に熱を緩やかに加える技法を構築したことで、赤道を越える航海を経ることなく特有の酸化フレーヴァーを再現をすることに成功したのです。
この加熱処理はエストゥファと呼ばれ、造り手やグレードにより様々な手法が使い分けられています。

≪醸造≫
エンリケシュ社の醸造は、収穫して破砕後にスキン・マセレーションを行い、温度管理のもと大型のフードルで発酵させます。
この発酵中にブドウ由来のアルコール度数96%のスピリッツを添加するタイミングを変えることで甘さを調節します。その後、数カ月の安定期間を経たのち、オーク樽にて最低3~50年熟成させます。この間に加熱処理を施すのがマデイラ・ワインの特徴ですが、一般的にスタンダードクラスのものと、ヴィンテージ物とでは加熱処理の方法が異なります。

■クバ・デ・ガロール
スタンダードクラスのものに用いられる、人工加熱方法。
ワインを温熱容器に入れて直接加熱する方法と、倉庫内を人工的に温める2種類の方法がある。
温熱容器は「エストゥファ」と呼ばれ、45°C~50°Cのお湯を循環させてワインをダイレクトに加熱。倉庫内を温める方法では、庫内にお湯の通るパイプを張り巡らせて温めることにより、熱の当たりを柔らかくする。
どちらも加熱は50℃以下で3カ月以上と決められており、加熱期間が終わると自然にゆっくりと常温まで下げられ、樽に移したのち常温で熟成される。

エンリケシュ社では3年熟成までの銘柄に適用。
木製の温熱容器「エストゥファ」を用い、45℃の湯を通した銅製の細い管をエストゥファに張り巡らせ、約3カ月の間ゆっくりと過熱を促す。その後はゆっくりと時間をかけて冷却し、樽に移して貯蔵庫にて数年熟成。

■カンテイロ
絶妙な味わいが要求されるヴィンテージワインに用いられる方式。
樽を貯蔵する倉庫に大きなガラス窓を設け、太陽の日差しにより庫内を温める。
この方法では前述の人工的な加熱方法(クバ・デ・ガロール)と同じ効果を得るためには丸2年かかると言われている。

エンリケシュ社では南面に大きな窓を設けた貯蔵倉庫で、長いものでは50年以上に及ぶ穏やかな経年変化を促し、マデイラの独特の風味を醸している。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめ

▲トップへ戻る