1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. 泡(微発泡含む)
  4. ジョアン・パト スパークリングワイン /Joao Pato Sparkling Wine【ポルトガル・スパークリング・濁り】

ジョアン・パト スパークリングワイン /Joao Pato Sparkling Wine【ポルトガル・スパークリング・濁り】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

2,300円  ~


数量

商品について


品種とテロワールの個性そのままに
ナチュラルな濁りスパークリング


父ジョアン・パトへのオマージュを込めて
リリースされたルイス・パトの新たなレンジ、
「ジョアン・パト」。

ワインは人の介入を最小限に、
自然に任せた造りで造られています。
自社畑のブドウは手摘みで収穫後、
破砕・プレスし、ステンレスタンクへ。
自然の温度で自生酵母による発酵が始まり、
約3週間の発酵後、清澄や濾過を行わず、
酵母を加えボトリングされます。
瓶内2次発酵を行い1年瓶熟成したのちリリース。
デゴルジュなし、ドサージュなし。

澱引きせずに味わいをそのまま表現した
濁りスパークリングワイン。
とてもナチュラルで心地よい味わいです。
レモンやオレンジ、マスカットなどの
新鮮なフルーツを思わせます。
アフターには果実の甘みも感じさせてくれます。

僅か6,000本の生産。

■産地:ポルトガル・バイラーダ
■品種: マリアゴメス
■タイプ:白泡・辛口
■残糖度:6g/L

マリアゴメス

別名:フェルナン・ピレス
ポルトガルで最も栽培量の多い品種の一つで、
非常にアロマティックなのが特徴。
レモン、ライム、バラ、オレンジを
想わせる豊かな香りがあり、アロマティック。
辛口から甘口まで様々なスタイルのワインが造られます。


ジョアン、ルイス、マリアと続くイノベーションの潮流


1970年、ジョアン・パトがバイラーダ地区で
自社製造のワインを自らボトリングして販売を開始。
それはバイラーダ地区では初めての試みでした。
その息子ルイス・パトは当時化学薬品会社の
技師として働いていましたが、
1983年にジョアンを引き継いでワイン造りを開始。

ルイスはバイラーダのワイン造り、特に
この地の伝統的なブドウ品種バガ種の
可能性に着目し、それまで粗削りだった
バガのワイン造りを新たな視点で挑戦。

2000年には世界的な評価誌、
ワイン&スピリッツ誌の年鑑で
ポルトガルのトップ生産者に位置づけられ、
同時に彼の造るバイラーダのバガ種の
ワインもポルトガルを代表する
プレミアムと評価されるようになりました。

2004年には英国の評論家
ジャンシス・ロビンソンがルイス・パトを
ヨーロッパのトップ25ワイナリーに選出。

ルイスの娘、マリア・パトは父親から
この偉大なワイナリーを引き継ぐべく、
現在ルイスとともにワイン造りを行っています。


ジョアン・パト/Joao Pato


マリアの祖父ジョアンが現在のルイス・パトの
原点になっていることに着目し、
ジョアン・パトへのオマージュを込めて
リリースされたルイス・パトの新たなレンジ、
「ジョアン・パト」。

バイラーダ地方の固有品種とその海から
影響を受ける特異なテロワールを表現、
よりナチュラルなワインを目指し、
ワイン造りにおいて人的な介入は
最小限に抑えられています。

バイラーダのワイン造りの基準に縛られず、
固有品種こそがバイラーダワインになりえる
との考えから、全てバイラーダの自社畑、
主に砂地土壌のAmoreira da Gandaraと
石灰粘土土壌のOis do Bairroの二つの畑で
バイラーダの固有品種のブドウから造られています。

因みにエチケットに描かれたダックマンは、
祖父ジョアン・パトがダックマンに身を変えて
この世に現れワイン造りを行うという
メルヘンかつ少しシュールな設定から来ています。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめ

▲トップへ戻る