1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. メタモルフォシス ヴィア・マルキーズルイ ネグル・デ・ドラガシャニ/Metamorfosis Negru de Dragasani【ルーマニア赤ワイン】

メタモルフォシス ヴィア・マルキーズルイ ネグル・デ・ドラガシャニ/Metamorfosis Negru de Dragasani【ルーマニア赤ワイン】

※ワインは、画像とヴィンテージが異なる場合があります。

メタモルフォシス ヴィア・マルキーズルイ ネグル・デ・ドラガシャニ

3,200円 税別

3,456円 税込

数量

商品について


世界のアンティノリ家、ルーマニアに進出!


イタリアのワイン産業に大きく貢献したアンティノリ家が、ルーマニアで
ワインを生産することを決めました!

まずは2009年、ルーマニアのデアル・マーレ産地で「ヴィイレ・メタモルフォシス」
という新しいワイナリーを設立。

デアル・マーレ産地の緯度は北イタリアのピエモンテ州とほぼ同じであり、
6000年間のワイン歴史を誇ることもあり、アンティノリ氏の心は魅了されました。

「天候や土壌に恵まれたルーマニアには、可能性のある土地が眠っている」と
アンティノリ氏は言っています。



世界が注視する中で、その第1弾がリリース!


ルーマニアで生産されるワインは主に赤ワインで、特にルーマニアの
土着品種「フェテアスカ・ネアグラ」(Feteasca Neagra)と、国際品種の
「カベルネ・ソーヴィニヨン」に重点を置き、「カントゥス・プリムス」という
シリーズを、設立と同じ2009年のヴィンテージから発売。

これが遂にリリースされ、日本にも少量ながら輸入がなされました。



ルーマニアだから可能な、価値ある価格。


中部イタリアで生産されたアンティノリ のワインは日本国内で約3万円で
流通していますが、比べてルーマニアで作られた同社の同レンジのワインは
じつに7千円台で手に入ることになります。

実際、本家イタリアでも「ルーマニアで作られたワインのコストパフォーマンスに
勝つことは大変難しい」とイタリア人ワインメーカーのフィオレンゾ・リスタ
(Fiorenzo Rista)自身が言うほどです。



あらためて驚き。アンティノリ家、その歴史。


イタリアワインの神様と言われるアンティノリの歴史は、1385年に始まり、
600年以上にわたってワイン造りを続けています。

「ティニャネロ」や「ソライア」などのワインを生み出し、世界にイタリアワインの
実力を認識させました。

現在はピエモンテを始め、トスカーナ、ウンブリアなどの産地に10以上の
ワイナリーを所有し、2009年にはルーマニアへ進出を果たしました。

「土地とのつながり」をモチーフにし、土地のテロワールと歴史を反映した
多彩なワインを造りだしています。

現在の当主、26代目のピエロ・アンティノーリ氏が、ルーマニアへの
進出を決意し、アンティノリは新しい時代に踏み出したのです。



アンティノリ侯爵を魅了した畑のワイン。


ピエロ・アンティノリ侯爵が初めてルーマニアを訪問した時に
現地のワインに魅了され、早速、デアル・マーレ産地の
約1ヘクタールの小さな葡萄畑を購入しました。

その畑を「侯爵の畑」(ヴィア・マルキーズルイ)と名付けました。
あわせて、この畑に栽培されていたルーマニア土着品種ネグル・デ・ドラガシャニ
を高く評価した侯爵は、イタリア国内でも栽培し始めています。

このワインは新しい出会いの新鮮な驚きを表現しています。

特別な畑なのでシングルヴィンヤードで作ります。

有機栽培を実践し、本数を限定して生産を行っています。



侯爵の畑「ヴィア・マルキーズルイ」の味わい。


深い紫がかったルビー色で、ブラックチェリやブラックベリーの
ニュアンスを持つ、豊かな香りを発しています。

イタリア産の大樽で醸したゆえに、ココアのニュアンスも若干感じられます。

フルーティーで、心地の良いタンニンと中間程度のボディーを持ち、
バランスが非常に良く、アフターにはココアやモレロチェリーを想像させます。


■産地:ルーマニア、ムンテニア地方 デアルマーレ
■品種:ネグルデドラガシャニ
■タイプ:赤・フルボディ

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめワイン

▲トップへ戻る