1. 全商品
  2. 色から選ぶ
  3. ロゼ
  4. アストビザ アラバコ・チャコリーナ アストビザ ロゼ/Arabako Txakolina Astobiza rose【スペイン・バスクロゼワイン】

アストビザ アラバコ・チャコリーナ アストビザ ロゼ/Arabako Txakolina Astobiza rose【スペイン・バスクロゼワイン】

※ワインは、画像とヴィンテージや容量が異なる場合があります。

3,200円  ~


数量

商品について


海を感じるキリっとロゼワイン
サーモンやカツオなどに合わせて♪


スペインのバスク地方。ここの地酒といえば、チャコリ♪
スペイン北部とフランスとの国境のピレネー山脈の麓に位置するバスク地方。
「食はバスクにあり」と言われるほど美食で知られる地方です。

バスク地方はピンチョスやタパスの発祥の地でもあり、
海の街ならではの新鮮な魚介のお料理が有名!!

そんな美食の町で飲まれている地酒チャコリは、
ほんのわずかな発泡性を残した状態でボトリングされた白ワインで、
酸味が強く、アルコール度数が低いワインです。


DOとしての歴史はまだ20年ほどながら、「美食の街のワイン」として
復活を遂げた「チャコリ」。

そのバル文化とともに、「農家の自家消費用ワイン」から「3つ星レストランでも
供される」までに近年目覚ましい進化を遂げています。

スペイン国内のワイン法で3種類が原産地呼称認定を受けています。

********************************************

D.O.Arabako Txakolina(アラバコ・チャコリーナ)
海からは30kmほど内陸なので若干雨量も少なめで
乾燥した南風が170日間吹き続ける。
酸とミネラルは維持しつつ、より厚みのあるタイプが多い。

D.O.Chacoli de Guetaria(チャコリ・デ・ゲタリア)
チャコリを最初に復活させた県。
海沿いの東側、海に面して北向きの斜面に作られています。
比較的爽やかで酸とミネラルが特徴のものが多い。

D.O.Chacoli de Bizkaiko(チャコリ・デ・ビスカイコ)
海沿いの西側、秋には南の内陸からドライな風が吹き、
ブドウが成熟度をあげる。酸とミネラルは維持しつつ、
より厚みのあるタイプが多く、微発泡性も少ない。

********************************************

こちらは内陸部の、Arabako Txakolina(アラバコ・チャコリーナ)!!

大西洋に面したスペイン・バスク州は一般に年間降水量が1500mm以上にも
なる雨の多い地域で、 ぶどう栽培にとってはかなりの不利な条件です。

これはブルゴーニュの900mm、勝沼の1000mmと比べても多いです。

ところが例外的に「アラバコ」の地域のみ降水量が低く900mm未満と、
高品質なぶどうの栽培に適しています。

綺麗なサーモンピンクの色調。
フレッシュでフルーティーな爽やかな香り。
フレッシュなストロベリーと柑橘系の爽やかな味わいに溌剌とした酸と海を感じるほのかな塩味が感じられます。
甘味はほとんど感じられず、海を感じさせるような潮のミネラル感と、キレのある酸は白のチャコリと共通するものがあり、合わせるお料理の幅を拡げてくれます 。

■産地:スペイン、バスク地方
■品種:オンダラビスリ50%、オンダラビヴェルチェ50%
■タイプ:ロゼ・辛口


アストビザの歩み。そして若き最高責任者による新時代。


この恵まれた条件に注目した農学博士ホセ・イタルゴ氏は2006年、この地に
ワイナリー「アストビザ」を設立。

スペインの白ワイン醸造家としてトップの実力を持つ、アナ・マルティン氏と
タッグを組んで、現在のチャコリ・シーンをリードするような、高品質なチャコリを
造り始めました。

約7ha所有する畑は全て自社畑。

そのぶどうのみからワインが造られています。 それぞれのブドウ畑の特色が
そのままワインに反映されているとして、保護原産地呼称の最上級、
単一ブドウ畑限定高級ワイン「ビノス・デ・パゴ」の名を冠しています。

これはチャコリでアストビザのみです。

※「ビノス・デ・パゴ」は特定の畑から生産される、個性的な高品質ワインに認定されます。
2014年現在、認定されている畑はスペイン全土で14のみ。

現在、栽培と醸造、ワイナリー運営の最高経営責任者ジョン・スベルディアによって、
ワイナリーはさらなる進化を遂げています。

雨の多いチャコリの産地では唯一「無農薬」によるぶどう栽培を積極的に推進、
環境に配慮したワイン造りを実践しており、ISO14025を取得しました。

チャコリとは


「険しいピレネーを越えれば、美味しい食事とワインの豊かなバスクの地」

12世紀、フランス修道士によって書かれた「聖ヤコブの書」にある記述です。

キリスト教の聖地「サンチャゴ・デ・コンポステーラ」を目指す巡礼者達。

きついピレネー山脈を越えてきた巡礼の人々を、この地の料理とワインが
癒したのでしょうね。

「サン・セバスチャンにミシュラン星獲得店17、その内3つ星は3店」

「人口当たりのミシュラン星の数が世界一」

バスクは近年美食の地「世界で一番美味しい街」として、リゾート、
観光地として人気が高まっています。

特にスペイン側では、ミシュラン星付レストランが多く点在し、
サン・セバスチャンを中心としたバル文化も発展しています。

チャコリはバル文化とともに発展してきた、まさに「美食を楽しむ
ためのワイン」なのです。

戦争や内戦など不幸な歴史がありました。
バスク地方も例外ではありません。

それどころか、オンダリビア(フランスとスペインの国境の町、
チャコリの発祥の地)などは、要衝の地として激しい戦火にさらされました。

今でもその傷跡は街のいたるところにあります。

さらにスペインではフランコ独裁政権による
暗黒時代を迎え、バスクは言語、文化も抑圧されてします。

「絶滅しかけてから、復活!そしてチャコリの躍進は止まらない!」

戦争、内戦など不幸な歴史もあり、一度はすたれてしまったワイン生産。
今!さらに品質を向上させて復活しています!

変革、品質向上の真っただ中にある、
チャコリから、そんな「熱気」を感じて頂けたら嬉しいです。

「険しいピレネーを越えれば、美味しい食事とワインの豊かなバスクの地」
12世紀フランスの修道士が遺した言葉のままに、チャコリは愛されています。

※オンライン商品は、全て店舗在庫と共有しております。
店舗で売り切れの際は、在庫がご用意できない場合がございます。
在庫がご用意できなかった場合は、別途ご連絡をいたしますので予めご了承ください。
※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※20歳未満の方への酒類の販売は行っておりません。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

その他おすすめワイン

▲トップへ戻る